RegalSquare

  • JWOOD 〈ジェイウッド工法 〉

    JWOODは無垢材の1.5倍の強度を持ち、耐震TEC-ONE金物で強固に接合されます。

    • 曲げ強度、煮沸はく離試験、減圧加圧試験、水平せん断試験、品質、積層数、接着剤の性能、無害性、そり、割れ、狂いなど、JAS(日本農林規格)のすべての企画に高レベルで合格したJAS認定品です。

    • 覆水率8~10%の乾燥剤であるため、ボトルや金具の緩みや仕口部の乾燥圧縮による隙間がほとんどありません。LVLのJAS企画は「含水率14%以下」

    • JWOOD-LVLは「法正林システム」で育てられた木材を使用しています。計画的な植林・育林・伐採を行うことで、森林資源を保護します。

  • POWER BOARD 〈 パワーボードの防火性 〉

    火に強く煙や有毒ガスを発生しない素材

    パワーボードは火や熱に強いコンクリート系外壁材。素材は無機質の珪石などであるため、炎や熱を受けても発火することがなく、煙や有毒ガスも発生しません。また、パワーボード内部には細かい気泡があるため、空気層が熱の伝わりを抑えます。

    パワーボードは単体で防火試験をクリアしています

    パワーボードは、その優れた防火性能が認められ外壁材単体で防火構造を取得*しています。一般的な外壁材の場合は、外壁材と内装材の組み合わせにより基準を満たすため、防火性能においてパワーボードの優位性は明らかです。

    防火試験の加熱状況

    加熱終了後。大きな損傷は 見られませんでした。

    延焼から住まいを守るには外壁材の遮熱化がポイントです。

    隣家が火災時には、外壁面は800℃以上の高熱にさらされることになります。木材の引火危険温度は約260℃であるため、外壁の内側がその温度に達すると構造体が発火する恐れがあります。パワーボードの場合は外壁が直接炎にさらされても、内側は引火危険温度まで上がりにくく、延焼の危険性を減らすことができます。

  • TEC-ONE 〈 テックワン 〉

    地震・余震による住宅の弱耐力化を防ぎ、木材欠損が少なく隙間減少

    余震により金具欠損、ゆるみや木の割れを防ぎます。また木材欠損が少ない分、気密性・断熱性能が向上します。

    在来の2倍以上の強度の強靭な金物TEC-ONE

    地震の揺れにもビクともしない軸組をつくる建築かなぐには、その金具自体が、突然の大きな力にも充分に耐えられる強度を持っていることが求められます。従来接合合金具とは違い薄くスリムなうえ、強度の高い特殊合金で、高耐食性の防錆仕上げで、雨に長時間さらしても錆びない特殊加工がされています。

TOPICS
2015.8.17リーガルスクエア本社 移転しました
オーナー様向け資料 
  • TOP
  • プライバシーポリシー
  • 営業活動方針
  • サイトマップ
  • お問い合わせ